ピンク色の

私が私でいられるように書きます。

夏休みの日記

気が付けば、夏のせいにできなくなりそうだ。

あんなに鬱陶しかった蝉の声だっていつの間にか聞こえなくなってるじゃないか。

どこいったのかな、死んだのかな。

 

8月31日といえば、夏休みの終わり。

夏が嫌いになったのはいつからだろう。インスタグラムやTwitterを見るのが

苦しくなったのはいつから?

SNSの投稿なんて、日常の、絶頂の部分を切り取っているだけというのは

わかっているけど、絶頂を迎える過程にも至らないから、僻みだと思う。

夏、といえば楽しくてキラキラしたもの。だという観念に縛られてしまうから苦しいんだと思う。

夏は嫌い。暑いし、日焼けするし、汗でべたべた、化粧はどろどろになるし。

夏は嫌いでも、夏の終わりだけエモい気持ちになるのはなんでだ。

 

夏って一番騒がしくてごちゃごちゃしてる季節だと思う。

空気は夜になっても静かじゃない。どこかしらで花火の音もするし。

だから、それに紛れて色々ごまかしてしまうんだと思う。

まあ夏だしいっか。

どうせ、この夏が過ぎたら、忘れてしまうんでしょ?

そして、秋になったらそれに殺されるんでしょ。

夏に買ったもののツケを払わなきゃね。

 

毎年夏に思うこと。

夏が終わるまでに死のう。

夏だから、死んでしまっても、色んなものに紛れてばれない気がする。

きっと死んだ音は、かき消されて誰にも聞こえないだろう。

 

かき氷食べてないし、花火もしてない、夏らしいことしてないから

夏考えたことでも書こう。

 

人を愛するってどういうことだろう。

家族でさえも時々、この人たちは誰なんだろうと思うことがある。

仲が悪いわけでもないし、特別何か問題があるわけでもない。

友達に、「ねえ、自分の周りのこととか、どれくらい家族に話す?」

って聞くと、大抵は結構深くまで話してるって言う。

まあさすがに、今日ヤらかしちゃった!とまでは言えないけどね(笑)って。

家族と過ごして21年以上になるけど、昔から自分の気持ちとか、正直に話すことをしてこなかったな。

特別厳しく育てられたわけでもないけど、抑制はされていたような気がする。

勉強と習い事は昔からこの通りにしなさい、絶対しなさい。と言われてたな・・

テレビもロクに見せてもらえなかったから、今でもテレビを見る習慣がない。

だからテレビの話題になると、逃げたくなる。

ずっとずっと、公務員になりなさい。安心だから。って言われてきて何も考えずに

従ってきた。結局大学で、色々話を聞いてやめたんだけど。

 

バンドのサークルに入りたくて、ベース買おうと思うんだよね~って言ったら

どうせ続かないでしょ?って言われたな。

珍しく自分の意思を押し通したなぁ・・

 

大学入って、私は今まで、親や祖母が敷いてたレールの上を歩いてきたんだって思った。なんかの本で読んだ。自分で決断してこなかった子供は、自分に自信が持てないって。

就活の時も自分の選択にずっと自信がなくて、今もこれでいいのかずっと不安のまま。

親に相談したこともあるけど、うん。そうね。以上の返事が返ってこない。

だめだ、何言ったって無駄だと思ってそれ以来相談するのは止めた。

 

ああ、自己肯定感が低いのってこれに繋がっていたんだ。

「自分を愛せなきゃ人も愛せない」って言うのは本当だ。

自分を認めてこそ人も認められる。

 

今も人のこと愛した経験がない。

好きだと思っても、それ以上のことはないというか、この人を無条件に愛せると

思ったことはない。

 

自分の子供は無条件に可愛いというけど、それは絶対ではないと思う。

仮に私に子供ができたとしても、嫌いな自分の遺伝子を受け継いでほしくないと思うし、自分の血が半分流れてると思うだけでもゾっとする。

 

 

8月31日には超絶エモいことして死のうよ。

 

きっとこの時期から「若者のすべて」とか聴くんだ。

終わりがけに聴く「ラブホテル」もいいよね。

9月に入れば「セプテンバーさん」。

 

私は「22の夏休み」。