mayus’s diary

可愛いものに囲まれていればそれだけで

死ねなかったわたしへ

毎日手帳にちょっとした日記を書いてる。

読み返すとほぼ毎日死にたいとか死ななきゃとかそんな感じ。よくもまあ今年1年間生きてこれたよなぁ。 そういえば去年立てた今年の目標は 生きる でした。まあ何とか達成できたかな。

来年の目標も生きる にしないと、着々と生きることへの執着がなくなっていってるから 本当にいつかぱったり死んでしまえそうな気がする。

それはそれでいいんだけど。

 

今年1年は 2年続けていたバイトを辞めたり

異性関係拗らせたり とにかく色んなことがあって

精神的にも1番酷くて、本当によく生きてきたなと思うわけで。みんなもっと生きてるだけで褒められるべきだと思う。すごいよ。

 

死にたくても 毎日起きて お腹すくからご飯食べて、欲しいものがあればお金を使って、眠くなれば寝る。それさえも気持ち悪いんだ。死にたいくせに生きようとするその行動が気持ち悪いんだ。私じゃない誰かが中にいるみたいだ。もう1人の私に殺されそうだ。どうして意に反する行動をしているの。

自分のことを考えれば考えるほど、わからなくなるし、本当に存在しているのかすらわからなくなる。

家で1人でいるときの自分、友達といるときの自分、バイト中の自分、どれもこれもが偽物で、本当の自分が何を考えているかわからない。どれも自分じゃない。怖い。自分で自分を認識できない。

 

ふわふわとしたまま、容赦なく月日は過ぎて、そしていつかは、現実に刺される。

 

新しい気持ちで新しい年を迎えましょうだなんてそんなことは絶対言いたくない。この死にたい気持ちを捨てられるわけないから。なかったことになんかできるか。

 

きっと来年も死なない限りは死にたさにへばりついて生きています。

 

手帳に書いた1年分の日記は、私の生きた記録です。