mayus’s diary

可愛いものに囲まれていればそれだけで

夏のせいより秋のせい

 

もう一回、やりたいと思った

別に好きだったあの人じゃなくてもいいと思った

 

適当なアプリを入れてウケの良さそうな写真をアイコンにしてしばらく待ってた

何人かからメッセージが来たけど、なんでその人にしたんだっけな、 ああ、淡々と余計なことを言わなかったのが良かったんだっけね?

 

実際に約束して前日は 本当にいけないことをしてるようだった    どこいくのって親に聞かれて目が泳いでしまいそうだった  

もしかしたらこの先の人生変わってしまうかもなぁ とか 殺されるんじゃないかなとか

色んな不安はあったけど

死んでもまあいいか なんて思ってたからかな

 

俺のことは信用していいからね、先に渡しとくねって、お札を目の前に出された  

今思うと素直にもらっとけばよかったのに

援助が目的じゃなかったし まだ経験がほぼなかったし

貰うのが申し訳なかったから断った

 

この人、もうずーっとこんなことしてるんだろうなって思わせる慣れた手つき

世間話も面白くて 結構リピートしてくれるんだよって ああなるほどね って思った

 

妻とはレスでね…

奥さんにバレたら訴えられたりするんだろうか

女は匂いで見破るからさ

 

半年くらいその人と続けた

悩みも聞いてもらえて 欲も解消できた

ただ、親に嘘を積み重ねて、いつ矛盾したことを言ってしまうかハラハラしてた

その時は別に自分に対して何も思わなかった

なんだろう、他の人に対して優越感が欲しかったのかな  他の人はしてないであろうことをして

 

ある日突然、もう会うのをやめた

理由は覚えてない

すんなりと承諾と、お礼のメッセージが来た

もしまたその気があれば連絡してねって言ってくれたけど アプリも全部消して 一切の連絡手段を絶った

 

自分でもよくあんな怖いことできたなと思う

もうほとんど思い出さないけど、たまーにふと思い出しては あの頃の私は本当に私だったのだろうかと不思議に思って仕方ない

 

と、ここまで下書きに残していたのだが、ついこの間寂しさからまたアプリを入れた。

するとこの人からメッセが届いていた。

私は一回退会したし、アイコンも前とは変えていたから分からないのだろうけど  相手は名前が同じだったし文章の感じからすぐに思い出せた。

 

ちなみにメッセは返していない。というか返せない。